論理や物理障害に対応してくれるサービス

パソコン修理

社内のサーバーやパソコンに蓄積しているデータは失ってしまうと大変です。誤って消去したりパソコンが壊れて取り出せなくなったときにはデータ復元業者に依頼をしてみましょう。データ復元業者は料金を支払うことによりファイルをレスキューしてくれます。業者で対応できるものですがパソコンのハードディスクやSSDです。他にはサーバーに使われているRAIDやNASなどの記憶媒体にも対応できるので大変使い勝手が優れています。基本的にハードディスクは論理障害と物理障害によりデータを取り出せなくなってしまいます。論理障害はデータ自体が破損している状態です。これは本体や部品などは壊れていません。業者では復旧を行うときに専用の機器を使用して計算を行い修復をしてくれるのがメリットです。ファイルそのものを削除したときや、フォーマットをしてしまったときなどに対応します。物理障害とはデータを記録している箇所に問題が発生している状態です。本体が壊れてしまいデータを読み込めない状態ですが、これも復元に対応してくれます。電源が入らない状態から異音がするときなどに相談をしてみましょう。特にRAIDは扱いに注意しないといけません。1つのPCで複数のハードディスクを使用しているものなので、下手に弄ってしまうと復旧が不可能になる可能性が高いです。データ復元業者では専用の機器を使用して安全にRAIDのデータを復旧してくれます。

基本的に復元するHDDの量により変化する

PC

データ復元をしてもらうときに注意しておきたいのが料金です。利用料金ですがハードディスクの容量によりかなり変化するので気をつけておきましょう。ちなみにハードディスクの容量が増えるほど料金も高くなる傾向があります。最初に業者に依頼をスルときにはHDD検査を行います。これは復旧できそうなファイルがあるのかを確認する事が可能です。業者ではリストを作ってくれるので、目当てのファイルがあるのか事前に確認できます。この段階で料金はかからない業者が多いです。本格的に復旧作業を行うときだけ料金がかかるので見積もりをもらいたいときなどに重宝するでしょう。論理障害の復旧作業は比較的安価です。中には1万円以下で対応をしてくれる業者もいます。ただあまりに安すぎる場合はちょっとトラブルに気をつけたいです。そのため論理障害の復旧作業は3万円くらいから対応してくれるところがおすすめでしょう。物理障害は論理障害と皮革としたときに高めの金額で対応してくれるところが多いです。症状が軽度でも7万円くらいは取られます。

広告募集中